SPI2と一般常識 練習問題を解く

SPI2/まるわかり講座と練習問題

空欄補充(練習問題)

SPI2の空欄補充の問題で問われる接続詞の難易度はそれほど高くない。
主な接続詞の働きと主な接続詞はしっかり復習しておこう!

対策

空欄に適切な接続詞を当てはめる問題では,空欄の前後関係から推測しよう。
「順接・逆説・累加・説明・転換・対比」の接続詞は特に重要。
空欄に言葉を入れたら,文脈のつながりが正しいか必ず確認しよう。

練習問題

次の文章中の空欄ア,イに当てはまる語を選びなさい。

 芸術家にして科学を理解し愛好する人も無いではない。( ア )科学者で芸術を鑑賞し享楽する者もずいぶんある。しかし芸術家の中には科学に対して無頓着であるか,あるいは場合によっては一種の反感をいだくものさえあるように見える。また多くの科学者の中には芸術に対して冷淡であるか,あるいはむしろ嫌忌の念をいだいているかのように見える人もある。場合によっては芸術を愛する事が科学者としての堕落であり,また恥辱であるように考えている人もあり,あるいは文芸という言葉からすぐに不道徳を連想する( イ )さえまれにはあるように思われる。
(寺田寅彦「科学者と芸術家」より)

ア:A しかし   B すると  C また  D つまり   E ところで

イ:A 倹約家   B 努力家  C 空想家  D 道徳家   E 潔癖家

解答・解説クリックして表示

まず,空欄の前後関係を把握しよう。そして,どんな働きの接続詞が最も適当かを推測し,言葉を当てはめ,文意がおかしくならないかを確認してみよう。空欄にキーワードを挿入する問題では,指示語や前後の文脈から推測しよう。

 「芸術家」と「科学者」を対比しているので,並立・累加の「また」が入る。
 科学者が嫌う「文芸という言葉からすぐに不道徳を連想する」という極端な例をあげていることに注意。

【解答】 ア: C  イ:E

SPI2分野別一覧に戻る
「就職活動の神様」公式Facebookページです。
  • 就職活動の神様公式ページ Facebook