SPI2と一般常識 練習問題を解く

SPI2/まるわかり講座と練習問題

文法(練習問題)

SPI2の文法の問題は,基本的なものがほとんど。頻出事項は決まっているので,
助詞,助動詞の使い分けなどしっかりマスターしたい。

対策

文法の問題では,助詞・助動詞の用法の判別問題はよく問われるので,
品詞やその働き,語形などについて正確に判別できるようにしたい。
頻出パターンを覚えておこう。

練習問題

下線部の語が(例)と最も近い意味で使われているものをA~Eの中から1つ選びなさい。

(例)父言ったことばが,胸に残っている。

A 行く行かないのとごちゃごちゃ言うな。
B この白いは私のぼうしです。
C ガラス置物を玄関に飾る。
D その作家書いた小説の中で,何が好きですか。
E いったい昨日,何があった

解答・解説クリックして表示

助詞の用法の判別は,例文全体の意味をしっかり理解することが大切。文脈に沿ってしっかりと意味をとらえよう。

例文の「父の」は,「父が」に置き換えることができ,「言った」の主語になっている。よってこれは主格の格助詞。

A 「行くの行かないの」の「の」は物事を並べ上げるときに用いる並立助詞。
B 「この白いの」は「この白いもの」と言い換えることができるので,体言の代用。
C 「ガラスの置物」は「ガラスの」が「置物」を修飾しているので,連体修飾格の「の」。
D 「その作家の書いた」は「その作家が書いた」と置き換えることができるので,主格。
E 「何があったの」は「の」が文末について疑問の意を添える終助詞。

【解答】 D

SPI2分野別一覧に戻る
「就職活動の神様」公式Facebookページです。
  • 就職活動の神様公式ページ Facebook