SPI2と一般常識 練習問題を解く

SPI2/まるわかり講座と練習問題

ことわざ・慣用句(練習問題)

SPI2のことわざ・慣用句は,とにかく知識量がものをいう問題。
下の例題など演習をたくさんこなせば自然と身につくはず!

対策

ことわざ・慣用句の知識を問う問題。
よく聞くことわざや慣用句は,正確にいえるように覚えてしまおう。
意味を問う問題や,語句を組み合わせてことわざや慣用句をつくる問題など,
出題形式に慣れることも大事。

練習問題

次に示した意味に合う慣用句をA~Eの中から1つ選びなさい。

あまりにひどく,だまって見過ごせないこと。

A 目をかける  B 目を盗む  C 目にあまる  D 目に物見せる  E 目を疑う

解答・解説クリックして表示

例題のように,体の部分に関する慣用句はよく出題される。
「目に関するもの」「口に関するもの」などまとめられるものは一緒にして覚えておくことがポイント。

C「目にあまる」は,「最近の君の言動は目にあまる」のように用いて,見過ごせる限度や程度を超えていることを意味する。

A 「目をかける」は,その人に注目して,何かと便宜を図ること。
B 「目を盗む」とは,他の人に見つからないようにして行動すること。
D 「目に物見せる」とは,ひどい目にあわせて,はっきりとわからせること。
E 「目を疑う」は,自分が今見ているものが信じられない様子。

【解答】 C

SPI2分野別一覧に戻る
「就職活動の神様」公式Facebookページです。
  • 就職活動の神様公式ページ Facebook