SPI3と一般常識 練習問題を解く

SPI3/まるわかり講座と練習問題

通過算(練習問題)

SPI3の通過算は速度算の一種。出るパターンは決まっているので例題でしっかり演習しよう。

対策

通過算は,"列車が電柱を通過する""列車が橋を通過する"などの状況においての
時間や距離を問う問題。距離=速さ×時間の公式を変形し,
列車の通過距離=列車の速さ×通過にかかる時間で求めるのが基本。
列車が橋を通過するときの通過距離は,橋の長さ+列車の長さになることに注意!

練習問題

長さが125mの列車が1,300mの鉄橋を渡り始めてから渡り終わるまで57秒かかった。この列車が2,500mのトンネルに入り始めてから出てしまうまでに何分何秒かかるか。

A 1分10秒   B 1分15秒  C 1分20秒  D 1分25秒
E 1分30秒   F 1分35秒   G 1分40秒   H 1分45秒
I 1分50秒   J AからIのいずれでもない

解答・解説クリックして表示

列車が鉄橋を通過する場合,渡り始めてから渡り終わるまでに列車が走った距離は
 鉄橋の長さ+列車の長さ
であることに注意!
あとは,列車の通過距離=列車の速さ×通過にかかった時間の公式を使って求める。

この列車が鉄橋を渡り始めてから渡り終わるまで走った距離は
1,300+125=1,425(m)

1,425mを57秒かかって走っていることより,速さは
1,425÷57=25(m/秒)

この列車がトンネルに入り始めてから出てしまうまでに
走った距離は
2,500+125=2,625(m)

したがって,かかった時間は
2,625÷25=105(秒) ⇒1分45秒

【解答】 H

SPI3 分野別一覧に戻る
まるわかり講座で確認する
「就職活動の神様」公式Facebookページです。
  • 就職活動の神様公式ページ Facebook